アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
マサおじさんのブログ
ブログ紹介
 私は2003年(平成15年)1月16日に脳卒中で倒れましたが、同年6月6日にリハビリ病院を退院し、同年6月22日から元の職場に電車通勤で復帰し、2年少し通常勤務して2005年9月末に62歳で定年退職しました。
 
 以後は無職で隠居生活しています。

 発症から通勤再開までのこと、脳卒中や腰下肢痛、リハビリなどについて書いてゆきたいと思います。

※私の『リハビリ体験記』
http://12346529.at.webry.info/200811/article_1.html


Facebookに登録しよう
http://f-navigation.jp/manual/

Facebook マサおじ
https://www.facebook.com/masa.ojisan

Facebook リハビリ交流広場
https://www.facebook.com/groups/221363531294740/








zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
痲痺手が使えないのは、運動を抑制するように条件づけられた学習現象のため
痲痺手が使えないのは、運動を抑制するように条件づけられた学習現象のため つまり、非痲痺手だけの片手動作を続けると、脳が痲痺手の不使用を学んでしまうから動くようにならないと言う事である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/21 12:13
何のためのリハビリか?
何のためのリハビリか?  麻痺で動けなくなって、先ず求められるのは「日常生活動作」の確保です。日常生活動作とは、食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など、日常生活を営む上で不可欠な基本的行動を指します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/10 11:31
麻痺手のリハビリとは利き手交換することでは無い
麻痺手のリハビリとは利き手交換することでは無い 脳梗塞や脳出血の患者さんの中で一番辛いのは、「利き手が痲痺」して使えなくなることだと考えられています。先ず困るのが食事。箸を使うことが出来ないからです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/25 12:01
階段の昇り降りは健常者と同じように『1段1足』を訓練すべきです
階段の昇り降りは健常者と同じように『1段1足』を訓練すべきです 私達のように身体の片側が痲痺すると、1段ずつ両足を揃える『1段2足』を訓練するようです。 そして、階段を昇るときは、良い方の足(麻痺のない足・非麻痺側の足)を先に上げ、悪い方の足(麻痺のある足)を揃えるようにして昇る。 降りるときは、悪い方の足を先に降ろす。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/03 12:53
片麻痺になった時のナースとセラピスト
片麻痺になった時のナースとセラピスト 脳神経外科でナースの仕事をしながら、多くの片麻痺患者に接し、『痲痺の手は訓練しても回復しない』と考えていた若い女性が、休みの日に脳梗塞に倒れ右片麻痺になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/02 12:44
不自由でも両手を使う事が出来る様に治療するのが片麻痺のリハビリです
不自由でも両手を使う事が出来る様に治療するのが片麻痺のリハビリです つまり不自由でも両足で歩く事が出来る様にリハビリするのとおなじです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/30 12:10
手の回復にとって一番良いのは、生活の中で両手を使うこと
手の回復にとって一番良いのは、生活の中で両手を使うこと 麻痺手が動かなくても、何とか両手を使うようにすることが最も重要です。動く方だけでの片手動作を続けると、麻痺手は放置されるので動かなくていいと脳が学習して本当に動かなくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/15 12:28
日本人は指先が器用です だからこそ麻痺手の訓練が必要なのです
日本人は指先が器用です だからこそ麻痺手の訓練が必要なのです 日本人がヨーロッパのホテルのクロークでオーバーコートのボタンをスマートに外して脱いだり、着たコートのボタンを手際よく留めるのを驚嘆の目で現地の人は見ていた。と言う記事を読んだ記憶がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/14 11:47
脳卒中患者の家庭復帰を誤解している
脳卒中患者の家庭復帰を誤解している   脳卒中患者の家庭復帰とは、脳梗塞や脳出血などで体が痲痺した人の手足を動くように訓練させて、元の家庭生活に戻ることを言う筈です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/11 11:26
右麻痺と左麻痺 〜両手を使える様にリハビリすべきです〜
右麻痺と左麻痺 〜両手を使える様にリハビリすべきです〜 右利きで右麻痺になった人が言いました。「左麻痺だったら、これからの人生・生活が大きく変わっていたでしょうね。まず車の運転してるし、字はスラスラだし、言語ももっと状態いいでしょう。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/07 11:21
脳卒中のハビリテーション医療とは
脳卒中のハビリテーション医療とは 次のようなフレーズは、リハビリテーション病院のキャッチコピーだけではなく、日本脳卒中学会や厚生労働省の脳卒中ホームページにも書かれている。『リハビリテーション医療とは「失われた機能の回復を促し、残された能力を最大限に引きのばす」こと』。 しかし、良く考えていただきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/05 11:43
リハビリテーションによる結果責任
リハビリテーションによる結果責任 私は、農業に関係する土木の調査設計を担当する技術者であった。自分の仕事には誇りを持ち、地元農家に感謝されるプランニングとコンサルティングを行ってきた。 当然のことながら仕上げた成果に対しては、「結果」に伴う「責任」も担っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/02 11:33
『両手を使う』ことが麻痺改善リハビリとなる
『両手を使う』ことが麻痺改善リハビリとなる 2000年6月、アラバマ大学のエドワード・タアブ (Edward Taub)教授がある論文を発表した。 【いくつかの脳細胞は脳卒中を起こしたときに死滅するが、さらに多くの細胞が脳卒中によるショック状態のまま残っている。 そしてこれらの脳細胞の回路は、タアブグループが開発した画期的なリハビリの手法によって巧みに再組織化され、たとえ発症が数年前に起こった場合でも、ほんの2〜3週間の訓練で患者の麻痺した手足の機能を取り戻すことができることが証明された。】 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/29 06:56
脳卒中による片麻痺に対する作業療法
脳卒中による片麻痺に対する作業療法 脳卒中で片麻痺になると、体の右側か左側が麻痺する。特に手足の片側が動かないと移動が出来なくなるし日常生活そのものが不自由になる。 ここで手足が少し動くように治療するのが理学療法で、少し動くようになった手足を使って麻痺があるなりに日常生活が出来るように治療するのが作業療法である。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/22 18:48
リハビリテーション医学に革命が起こっている
リハビリテーション医学に革命が起こっている “脳から見たリハビリ治療”の冒頭で、生理学者の久保田競(くぼた きそう)先生は、脳梗塞後のリハビリによって脳に新しい神経回路ができることが明らかになり、「リハビリテーション医学に革命が起こっている」と記しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 11:39
麻痺改善リハビリと「頑張れ!」
麻痺改善リハビリと「頑張れ!」 先ず、次の記事を読んでください。【日本人は良く「頑張れ!」って声を掛けます。運動選手でも脳梗塞の患者さんも、同じだと思うのですが、本人達は、自分の能力一杯に力を出し尽くしていると思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/19 07:13
自分で手足を動かせない患者さんの治療を行うのがリハビリテーション科
自分で手足を動かせない患者さんの治療を行うのがリハビリテーション科 突然ですが、“ディスモビリティ”つまり"Dis-mobility"をご存知ですか。これは"mobility"の否定形です。そして"mobility"は"mobile"の名詞です。 "mobile"は、ご存じモバイルフォンやモバイルパソコンのモバイルです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 08:00
脳卒中になって・・・
脳卒中になって・・・ 意識がすこし戻った直後から麻痺手を麻痺の無い手で動かし続けていた。そして半年後には麻痺手が少し動くようになり、さらに半年後には殆どの事が両手で行えるようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 12:20
片手動作に慣れた人も・・・
片手動作に慣れた人も・・・ 片手動作に慣れた人も、脳の麻痺側への関心が低下してしまわないように、麻痺手の訓練を続けるべきだと考えている。 出来れば両手を使う努力を続けるのがベストである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 12:23
脳卒中のリハビリテーションとは
脳卒中のリハビリテーションとは 元々リハビリテーションは、ラテン語のHabil(有能、役立つ、生きる)という言葉から生まれ、病気や怪我などをした場合に、元のHabilの状態に戻す、つまりRe-Habilしていくという意味です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 18:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

マサおじさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる