テーマ:ひとりごと

ドラフト会議は巨人優先ではないはず

 予想通り、東海大・菅野智之投手が日本ハムとの交渉を拒否して浪人するそうだ。  去年の澤村のようにはいかなかった今年のドラフト。  長野のように他球団が諦めるまで浪人するのだろうか。  予想はしたが「なんだかなー」と言いたくなる。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野田首相の安全運転・・・とても良い事だと思います

 野田首相の所信表明演説に対する野党の代表質問を聞いていると馬鹿らしくなる。前向きな態度が感じられないし、相変わらずのネガティブキャンペーンでは、単調で上げ足を取られない答弁で十分である。国を良くするため、国民の心を豊かにするための前向きな質問が出来ないものだろうか。 読売新聞 11月3日(木)8時46分配信より  国会は2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

阪神タイガースの次期監督は和田豊1軍打撃コーチ(49)が内部昇格か

 外部招聘の場合は日本ハム梨田昌孝監督(58)が有力視されたが、クライマックスシリーズ進出で監督人選の長期化を回避。6年間優勝から遠ざかったタテジマ再建を和田監督に託すようだ。  これまで外部招聘の場合は日本ハム梨田監督が最有力であった。しかし、日本ハムがクライマックスシリーズ進出で監督人選が長期化し、チーム強化が遅れることを回避…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マスコミや野党は10月20日付の天声人語を読みなさい。

 小紙に連載されて人気を博した井上靖の小説「氷壁」は最後に主人公が山で落命する。主人公に目をかけていた上司が社員を前に悼辞を述べる。思わず口をついて出た「ばかめが!」の一語で締めくくるくだりは印象深い場面だ。  作中で井上は、この一語を吐いた上司の内面を練達の筆で描く。哀惜と喪失感、憤りがせめぎあう。せんだっても小欄に書い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

また言葉狩りするのか

 【平野担当相は18日、二本松市で開かれた参院会派「民主党・新緑風会」の研修会で講演。津波被害が起きた際の避難の重要さに触れ、津波で亡くなった高校時代の友人の話に言及した。「『ここなら大丈夫ですよ』と逃げた方がいて、逆に、私の高校の同級生みたいに逃げなかった、ばかなやつがいる。彼は亡くなったが。ばかなやつと今言っても、仕方ないが」などと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マスコミは頭にきているが、頭にくる方が可笑しい。

 『野田佳彦首相は9月の就任以来、記者団の「ぶら下がり」取材に応じていない。代わりに記者会見の回数を増やすとしているが、首相の都合が優先されるのは確実。失言を極力防ぎたいとの「安全志向」の表れとみられる。説明責任を積極的に果たそうとしない姿勢には、野党から「本来やるべきことをやらない」(自民党幹部)と批判の声が上がっている。』  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

農業政策の見直しを

私は40年近く農業関係の仕事に携わりました。後継者の育成と強い農業のための方策を提言し続けても農協は動きませんでした。最後のチャンスです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今回も人騒がせなテレビ報道

 昨日テレビ各局で大騒ぎした世田谷のラジウム騒ぎ。    もう少し原因究明が進んでからしかるべき報道をしてほしかった。    今回の件は、原発は無関係。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相「ぶら下がり取材」取りやめ ~とてもいいことです~

 マスコミ各社は殆んど批判めいた記事を書いたりテレビでコメントしている。  首への取材は担当部署を通じてベテラン記者が行うべきである。 【2011年10月3日(月)21時0分配信 読売新聞】   野田首相は3日、記者団の質問を毎日、短時間受ける「ぶら下がり取材」に応じない意向を明らかにした。  記者から連日質…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

未だに言葉尻を取って野党を焚きつけるのか

 野党との討論番組での発言の一部が不適切であればその場で批判の発言があって然るべきはず。  マスコミが焚きつけて、騒ぎを起こそうとしているようにとられる記事末尾である。  とにかく最近のマスコミは、ニュースの最後の部分に余分な感想を挿入している場合が多いのは何故だろう。 【震災復興は「千載一遇」=野田財務相 時事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大人げないのはどっち

 わざわざ世論を刺激しに行く自民党議員。  それをむげに拒む相手側。  昔はもっとおおらかに付き合っていた。  マスコミとインターネットの普及が、人間の心をゆがめた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巷(ちまた)に雨の降るごとくわが心にも涙ふる

ポール・ヴェルレーヌの『言葉なき恋唄』 巷に雨の降るごとくわが心にも涙ふる。 かくも心ににじみ入る このかなしみは何やらん? やるせなき心のために おお、雨の歌よ! やさしき雨の響きは 地上にも屋上にも! 消えも入りなん心の奥に ゆえなきに雨に涙す。 何事ぞ!裏切りもなきにあらずや? この喪そのゆえの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感謝の気持ち ~「ありがとう」を言う~

 何気なく「ありがとう」と言っても、言われた方はうれしい。  「ありがとう」を素直に言えるようにしましょう。  誰でも、人から「ありがとう」と言ってもらえれば嬉しいはずです。  相手が喜んでくれれば、「ありがとう」と言った人も嬉しくなります。    あなたは「ありがとう」と素直に言えますか?  人が何…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私がお茶を飲みたいと思った時に、妻がお茶を持って来た。

 このようなことを、禅の言葉で「拈華微笑・ねんげみしょう」と言います。  昔は日本人にも言葉を使わずお互いが理解しあうことが多かったように思う。  言葉に出さなくても、心から心へ伝わる微妙な境地・感覚があった。  私が子供の頃は、親子や夫婦では特に普通だった。しかしここ数十年で変わってしまったように感じる。  し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

奇跡の魚「クニマス」と「さかなクン」

 京都大学教授の中坊徹次が、タレント・イラストレーターのさかなクンに「クニマス」のイラスト執筆を依頼したことで大変なことが起きた。  さかなクンはイラストの参考のために日本全国から近縁種の「ヒメマス」を取り寄せた。  このとき、西湖から届いたものの中に「クニマス」に似た特徴をもつ個体があったため、さかなクンは中坊先生ににこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はクリスマス

 山陰や北国は雪のクリスマスですね。  クリスマスになると、子供の頃に父に連れられて見に行った「ホワイトクリスマス」を思い出します。  ビング・クロスビー、ダニー・ケイ、ローズマリー・クルーニー、ヴェラ・エレンの映画「ホワイト・クリスマス」です。  1944年冬。有名な人気歌手のボブ・ウォレス大尉(ビング・クロスビー)や芸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せな気持ちでいられれば

 『幸せになれるさ!』(リチャード・カールソン)より、  「幸せ」とは、感謝の気持ちに満ち、心が平穏で、充実感にあふれ、自分をも愛することができる心の状態をいいます。  幸せな気持ちでいられれば、いますぐ人生を目いっぱい楽しむことができます。  満足していれば、子供のように楽しむことができます。  単純なことにも感謝し、のん…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「自分は幸せ」と思える

『運がいいとか 悪いとか 人は時々 口にするけど そういうことって確かにあると あなたをみててそう思う』さだまさし  「自分は運がいい」と思っている人は、運がいいことに気づきやすい。  「自分は運が悪い」と思っている人は、運が悪いことに気づきやすい。  「運なんて関係ない」と考えている人は、運…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人を幸せにする幸せ

 『人を幸せにすると自分が幸せになれる。それは人を愛すること』  人に何かをして、喜ばれたり、感謝されたり、  人の役に立つことで、喜びを感じられたり、  人を幸せにすることで、自分が幸せになれます。  愛する人・幸せにしたい人がいることは、  それだけでも幸せなことです。  「愛」は人を幸せにしてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬並の寒さって?

 今朝の天気予報で「今日は真冬並の寒さになります。」と言っていた。  聞いて、「ん?」と思って、しばし考え込んでしまったのです。  春は3・4・5月、夏は6・7・8月、秋は9・10・11月、冬は12・1・2月ですね。  すると真ん中の1月が真冬なのでしょうか。  ちなみに、気象庁のHPには、「真冬並み」はありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『仕事を追え。 仕事に追われるな』   ベンジャミン・フランクリン

 仕事に追われるとろくなことはありません。  仕事が多くても、段取りを上手くたてて手際よくこなすことが仕事を追うことだと思います。  「段取り八分」と言うことが言われます。  仕事を進める上で、事前の準備がいかに重要かを表した言葉です。  仕事の段取りをキッチリしておけば、その仕事は八割完了したも同然であると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月8日は「木の日」です。

 「十」と「八」を組み合わせると「木」の字になることから、この日が選ばれました。    木造住宅や木の良さを見直すために、木材青壮年団体連合会などが1977(昭和52)年に提唱しました。  さて[木の日]は[きのひ]と読みますね。  毎週19:30 NHK総合で「ダーウィンが来た!」が放送されています。 ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暫く休むことにします。 ・・・8/27に追記しました

 私がウェブリブログを書き始めたのは2008年11月「リハビリ体験記」からです。  このシリーズが終わってからは、自分の体験をベースに脳卒中のこと、リハビリテーションのこと、心と身体のことについて感じたこと訴えたいことを叫び続けてきました。  今までに訪問していただいた回数はブログ全体で 110、719 になります。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『幸せな生き方を心がけましょう』

 日々、小さな幸せをたくさん感じられるように。  時々、中ぐらいの幸せを感じられるように。  大きな幸せを感じられる可能性がある生き方をしましょう。   いろんな幸せを感じて生きられるようになれたら良いですね。  ※私は黄色いバラが大好きです。    黄色いバラは幸運をもたらします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不整脈による内出血?

 ニュースでは、大原麗子さんの死因は『不整脈による内出血』と報道されています。  死因が内出血というのは意味が分かりません。  一般的に、内出血とは、皮膚の下の出血のことを指します。  内出血で人が死ぬ事はありません。  不整脈による内出血というのもよく分かりません。  不整脈が原因で脳梗塞を起こすことは良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きのうは1.5km歩きました。

 昨日は、良いお天気で気温も18度近くありました。  気持ちが良さそうなので、いつもの公園と別のコースを歩くことにしました。  外に出ると晴れているのに空がかすんでいます。西風もかなりありました。今考えると中国からの黄砂の影響で、春霞のような空だったようです。  風が結構強いので歩きにくいのですが、思い切って足を伸ばし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6年前の3月9日 娘の日記より

 仕事帰りに病院に行くことにした。  お父さんに誕生日ケーキを買っていってあげようと思って阪急百貨店の『宝塚ホテルケーキ』で小さいケーキを買った。   お誕生日おめでとうの装飾を付けてもらって・・・。  電車に乗ろうとしたらJRが止まっていて40分遅れだそう..。  ああ"・・・! 急いでるのに・・・!!  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「優先座席」 ほろ苦い復活の話。

 2007年10月29日の月曜日から、関西の阪急電鉄等の車両に「優先座席」が復活しました。 元々なかったものが新たにできたのなら喜ばしいのですが、これは、ほろ苦い話題なのです。  なぜほろ苦いか、少し説明をしましょう。  お年寄りや障がいのある人、妊婦さんなどに席を譲るのは、優先座席に限った話ではありません。そんな考えで阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりごと【長島名誉監督の右手】

 WBCの日本代表チームと読売巨人軍の練習試合に、長嶋茂雄名誉監督が激励に訪れた。との映像が各局で放映されている。  しかし、長島さんは相変わらず、右手をポケットに入れている。 彼は脳梗塞の後遺症で右半身の運動機能麻痺と言語症が残った。杖無しで歩けるようになり、言語症はかなり改善したようであるが、右手は改善が進んでいないようだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻痺に対する訓練」と「残った能力を開発する訓練」

 麻痺がよくなるのか、ならないのかを判断することは極めて難しい問題なので、実際のリハビリテーションは「麻痺に対する訓練」と「残された能力を開発する訓練」を同時に行っています。  例えば、半身が麻痺して歩けなくなった場合には、歩く訓練と並行して、残された半身で、車いすを操作する訓練をする。麻痺手の訓練と共に、ADL向上のために麻痺の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more