テーマ:雑学

ハロウィン・Halloweenとは

 Hallow(神聖な)+een(=evening)つまり「神聖な夜」  クリスマスイヴChrist+mas+eve(=evening)が、クリスマス(キリストの生誕を祝うのミサ)の夜が「クリスマス前夜」となったように、「神聖な日の前夜」となったのである。  この「神聖な日」とは11月1日のことで、プロテスタント教会では聖徒…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幅員が3メートル未満の歩道から自転車を追放

 歩道とは、歩行者が通行する歩行者用の道のことです。  道路交通法と道路構造令によると、歩行者の通行のために、縁石線、さく、その他の工作物により区画して設けられる道路の部分となっている。  歩道では歩行者のみ通行することができる。自転車は道路構造令に定められた自転車歩行者道以外の歩道を走ることは禁止されており、車道の左側を走…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

藻類バイオ燃料事業・・・成功すればすごいですね

 次世代バイオ燃料の有望な原料として、油成分を作り出す藻類に期待が集まっている。 国内外で研究競争が激化し、大手民間企業が出資を本格化。  東日本大震災の被災地に研究拠点を置き、復興につなげようとする動きも出始めた。資源小国の日本が“産油国”になる日は来るのか。 毎日.jP http://mainichi.jp/selec…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夫婦とは

 『夫婦とは、お互いに見つめ合う存在でなく、ひとつの星を二人で眺めるものである。』  披露宴の挨拶でよく使われますが、このような関係を続けるためには何が必要でしょうか。    結婚式で、誓いの言葉を神にささげた二人は多いのではないでしょうか。   「あなたは、その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「J-POP過ぎる」至学館の校歌 

作詞作曲は中日新聞論説委員    夏の高校野球愛知県代表で初出場した至学館高校。  その校歌『夢追人』が、「まるでアニメソングみたい」「J-POPすぎる」などとネット上で話題となったが、この曲を作ったのは意外な人物だという。  「作詞作曲は中日新聞論説委員の飯尾歩さん(51)です。  アマチュアのフォークバンドでボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月4日は、「虫の日」でした。

 漫画家・手塚治虫らのよびかけで、1988(昭和63)年に設立された日本昆虫クラブが記念日として提唱しています。  「6(む)4(し)」の語呂合わせで、昆虫が住める街作りを願っています。  また、カブトムシで有名な福島県・常葉町の常葉町振興公社が提唱する「ムシの日」でもあります。 常葉町カブトムシ自然王国 http:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浴衣のキャンペーンキャラクター武井咲

 彼女の名前は、「たけいえみ」本名だそうです  「咲」を「えみ」と読むのは不思議だと思いませんか。  私の見解を書きます。  突然ですが「笑」は「えみ」と読みますね。  実は、「咲」と「笑」、もとは同じ古字からきていたのです。  だから「咲」は「わらう」とも読むのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は「五月晴れ」でした、と言う人もありますが・・・

 この言葉は実は旧暦の5月に使われた言葉なのです。  旧暦の5月と言えば今使う新暦の6月頃になります。  そして6月頃といえば梅雨時です。  梅雨時にも良い天気になることがあります。  この旧暦5月の晴れを「五月晴れ」と表現したのです。  つまり「五月晴れ」とは梅雨時の晴れ間を言う言葉なのでした。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買うときは重さ、炊くときは量

 何のことか分かりますか。お米です。  今は、多くの人が、10kg入りのお米買われると思いますが、炊飯器の目盛りは「合」になっていますから、計量カップで炊飯器に投入して、目盛りまで水を入れて炊きますね。  炊飯器も3合炊きとか5合炊きと言います。  3合のお米を炊くと、だいたい6膳になります。  私が子供の頃は米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地で迷惑なこと、それは「送られた古着」

 地震・津波の被災地へ、古着など寄付したい、支援したいと思うことは、とても良いことです。  しかし、寄付・支援のやり方次第では、それは、寄付でも支援でもなく、ただの迷惑になってしまうのです。  被災地に対して、一番、迷惑な古着の寄付の仕方は、汚れて洗濯もしていない古着を、個人がバラバラに、被災地に送りつけること。これは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月16日 禁酒の日

 1920年(大正9年)、アメリカで禁酒法が実施された日です。  プロテスタントの影響が強かったアメリカでは、これまでに18の州で禁酒法が実施されていましたが、この日からアメリカ全土に施行されました。  ところが、健康へ悪影響を及ぼす密造酒の横行や、ギャング出現の引き金にもなりました。  しかし「酒は百薬の長」とも言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吾唯足るを知る

 現在の私達は、戦場に行って、明日死ぬかもしれないという恐怖の中で過ごしているわけではありません。  昨日も今日食べることができず、明日も食べ物を得る望みもないというわけでもありません。  戦後日本の歴史の中で、こんなに恵まれた世に生きている幸せを感じず、いつも不平不満を言っている現代の日本人をどう思いますか?  心が貧し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タロとジロの「愛と希望と勇気の日」

 1959年(昭和34年)の1月14日、南極に置き去りにされた南極観測隊の2匹のカラフト犬・タロとジロの生存が確認されました。  1956年(昭和31年)の秋、南極観測船「宗谷」で11人の隊員が東京港を出発。  15頭のカラフト犬も犬ぞり隊として参加しました。  1958年(昭和33年)、第2次越冬隊を送り込む為再び「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月2日の誕生花 水仙

   花言葉 愛にこたえて  兵庫県の淡路島南端に「灘黒岩水仙郷|」があります。  500万本の野生水仙があります。  今年の見頃は1月中旬となる模様です。  動画による説明をご覧ください。  http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/index/page/94971ad4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューイヤーと言えば『ラデツキー行進曲』

 1848年にヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲です。  同年に北イタリアの独立運動を鎮圧したヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲された。  ラデツキー行進曲は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートにおいて、アンコールの掉尾を飾る曲として伝統的に使用されている。  皆様にとって素敵な1年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぞうきんとお年玉

 皆様 明けましておめでとうございます。   江戸の小咄です。  むかし、ある所に、何事にも縁起をかつぐ旦那がいました。  そのおかげか、店はなかなかに繁盛しています。  ある年の大晦日(おおみそか)の事です。  旦那が、店の者に言いました。 「明日は、めでたいお正月じゃ。お正月の神さまをお迎えするのだから、いつもよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江戸時代まで、一日は日の出に始まると考えていました。

 だから当時は、新年の日が昇る時を「年を越した」と言いました。  水平線から日が昇ると旦という字になります。  だから、年を越して初日が昇った時を元旦というのです。  維新が終了して新しい明治政府が落ち着くまでは、日の出・日の入りの時刻をもとに、明け6つ、暮れ6つを決め、これを基点として時刻を定める不定時法を用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年越しそば

 江戸時代までの一日の始まりは夜明けでした。  だから年を越すのは夜明け寸前です。  当時の商家は大晦日の遅くまで片付けなどをして多忙でした。夜明けまで働くので、夜食として簡単に作れる蕎麦掻きを食べたようです。  蕎麦掻き(そばがき、)とは、蕎麦粉を使った料理で、麺(蕎麦切り)としてではなく、蕎麦粉に熱湯を加えるか、水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうは何故大晦日?

 「三十」を「みそ」と読みます。  30歳の女性を「三十路(みそじ)の女」という、「みそ」です。  日を数えるときには、「ついたち、ふつか、みっか、よっか・・・十日(とおか)・・・二十日(はつか)・・・三十日(みそか)」といいます。  太陰太陽暦の和歴では小の月が29日、大の月が30日。  「晦」は月が隠れること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西宮エビスは丹波の泣きエビス

 私が住んでいる鳴尾から少し西に行くと西宮エビス神社があります。  さて西宮の遙か北部に丹波があり、この丹波から加古川を下ると明石西方の高砂の浜に着きます。  高砂や。 此の浦舟に帆をあげて。月もろともに出でしほの。波の淡路の島陰や。遠く鳴尾の沖すぎて。はや住の江に着きにけり。・・・の高砂です。さて昔話です。  むかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はクリスマス

 山陰や北国は雪のクリスマスですね。  クリスマスになると、子供の頃に父に連れられて見に行った「ホワイトクリスマス」を思い出します。  ビング・クロスビー、ダニー・ケイ、ローズマリー・クルーニー、ヴェラ・エレンの映画「ホワイト・クリスマス」です。  1944年冬。有名な人気歌手のボブ・ウォレス大尉(ビング・クロスビー)や芸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もみの木 アンデルセン童話

 むかしむかし、ある森の中に、小さいもみの木がありました。 「あっ、ぼくの頭の上をまた、ウサギが飛びこした。いやだな、はやく大きくなりたいな」  もみの木は上を見あげては、大きい木をうらやましいと思いました。  お日さまが、それを見て言いました。 「あせらないでもいいよ。いつか、いやでも大きくなるさ。それよりも、若い時を大事にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故、年末は第九なのでしょうか。

   年末になるとあちこちでベートーベンの「交響曲第九番」の演奏会がひらかれるのは、実は日本だけの習慣なのです。  最近はテレビのコマーシャルでも第4楽章のメロディーが流れます。  第4楽章の旋律は、有名な「歓喜の歌(喜びの歌)」で、フリードリヒ・フォン・シラーの詩『歓喜に寄す』から3分の1程度を抜粋し、一部ベートーヴェン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故クリスマスにローストチキンを食べるのでしょう。

 肉は植物性の食物よりも、生産効率が低いため、すべての社会で、肉食は植物性食物よりも稀少で、価値の高い食物とされています。  だから、ご馳走といえば、ブタや羊といった家畜の肉でした。  中世での、お祭やお祝いのときには、丸焼きにしたガチョウや子豚、野菜や果物などを詰めてやかれた豚の頭などが、テーブルの中央に置かれて、パーティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬並の寒さって?

 今朝の天気予報で「今日は真冬並の寒さになります。」と言っていた。  聞いて、「ん?」と思って、しばし考え込んでしまったのです。  春は3・4・5月、夏は6・7・8月、秋は9・10・11月、冬は12・1・2月ですね。  すると真ん中の1月が真冬なのでしょうか。  ちなみに、気象庁のHPには、「真冬並み」はありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラダの意味をご存じですか?

 サラダとは、野菜などを塩・酢・油・香辛料などで和えて盛りつけた料理の総称ですね。  生のままの野菜や、ポテト・豆類などの煮たものを冷ましてから盛り合わせ、マヨネーズ・ドレッシング・塩等をかけて食べるものが一般的です。  でも、野菜以外の材料を多く含む「卵サラダ」・「ツナサラダ」・「ハムサラダ」・「マカロニサラダ」などもサラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一日」の始まりは何時?

 日本人は古来、日の出を「一日」の始まりとみなしていました。  日の出とともに「一日」が始まり、そして「初日の出」とともに「新年」が始まると捉えられていたのです。  だから、一月一日つまり元日の日の出を元旦と言うのです。  言うまでもなく「旦」とは水平線の上に日が出たことを意味する字だと分かりますよね。   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二股大根(まっか大根)と大黒様

 むかしむかし、お腹の調子を崩していた大黒さまが、旅の途中で川の近くを通りかかりました。  するとその川で、長者の家に雇われている人が山のように積んだ大根を洗っていたのです。  むかしから大根は、お腹の調子を整えると言われているので、大黒さまはその手伝いの人に頼みました。 「すみません。実は、お腹をこわして困っております。どうか薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せの道はたくさんあります。

 『人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある』   「竜馬がゆく」(司馬遼太郎)より  幸せを感じられることはたくさんあります。  希望がもてることはたくさんあります。  自分の夢や目標にできることはたくさんあります。  自分が愛せる人はたくさんいます。  幸せな生き方はたくさんあります。  これしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月8日は「木の日」です。

 「十」と「八」を組み合わせると「木」の字になることから、この日が選ばれました。    木造住宅や木の良さを見直すために、木材青壮年団体連合会などが1977(昭和52)年に提唱しました。  さて[木の日]は[きのひ]と読みますね。  毎週19:30 NHK総合で「ダーウィンが来た!」が放送されています。 ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more