片麻痺患者に対する二つの考え方 ~どちらが良いか~


片麻痺患者にも、時間が掛かっても自分でさせるのか、介助することで時間を短縮させるのか、両方の考えがあると思う。

 障害のある人で症状が真に固定してしまった人には、介助することで一つの動作時間を短縮することで、短縮された時間を他のことに有効利用するほうが効果的かもしれない。

 しかし、私たちの様な脳卒中による片麻患者は、発症した時点から回復に向かおうとしています。この自然治癒力を援けるのがリハビリだと考えています。そして日常生活動作は回復の第一目標です。だから、時間が掛かっても自分でさせる方が良いように思います。もちろんやり方であるとか間違いを指摘して昔のように出来る指導が欠かせないのは当然のことです。

 さて、ここに問題があるように感じます。それは片手動作を訓練するか、あくまで麻痺手も使うように訓練するかです。ある程度の片手動作は麻痺手が動くようになるまでの「一時しのぎ」だと思います。「一時しのぎ」に満足して麻痺手の訓練をおろそかにすれば、麻痺手は動かないだけではなく、次第に固まってしまいます。

 時間が掛かっても、昔のように両手を使うように周囲が配慮し、自力で両手使いを実行するという気持ちを持ち続けられるよう支援して、心身の機能の低下を招かないようにすることが大切だと思っています。


画像

この記事へのコメント