私の麻痺手が動くようになったのは? 

 麻痺手が動く様にならない人に、どの様なリハビリをさせていますか。そして毎日何時間リハビリさせていますか。麻痺手はリハビリしないと動く様になりません。急性期病院では何をさせていますか。回復期病院では集中してリハビリをさせていますか。リハビリは療法士がリハビリ室で行うだけではありません。自主リハビリを指導していますか。

 急性期病院のベッドで、動かない左手と右手を並べて見つめながら手をにぎった。右手は動くのに左手は動かない。何度も挑戦したが、左手は動かない。でも諦めなかった。何度も挑戦した。毎日毎日挑戦した。右手で左手の外側から掴み、閉じたり開いたりもした。倒れてから20日ほど経ったときに、左手指が僅かに動いたように思った。

 脳被殻出血から一ヶ月半で回復期リハビリテーション病院に転院して、本格的作業療法も始まった。指・手首・肘に少しずつ動きが出てきた。ただし、肩は亜脱臼のために訓練があまり出来なかった。左手の回復が進まないので、右手だけの片手動作を練習しようと提案されたが「左手が動くようにならないとリハビリの意味がない」と片手動作の訓練は受けない事にした。

  リハビリ室のリハビリとは別に病室での自主リハビリも指導を受けた。暫くして「マサおじさんは、実生活で両手を使うのが一番良いリハビリ」だと言うことを療法士とナースに聞いた。発症から4ヶ月半で、手は補助的に使えるようになり、杖なしで歩けるように成って自主退院した。

 退院後は、家庭でも通勤電車でも会社でも敢えて両手を使う努力を続けた。思い切って挑戦する毎に出来ることが増えていった。そして発症から1年後には、左手の動きはぎこちないけれども右手と一緒に使えるようになっていた。

 麻痺手はリハビリを続けないと動くようにはならない。日常生活で両手を使うように努力して頂きたい。手が固まってしまわないうちに動かす努力を続けてほしいと思います。治療側も麻痺は治ると信じて、懸命なリハビリを指導して頂きたい。



この記事へのコメント