食事が出来れば、箸ではなくても良いのか。

 脳梗塞や脳出血の患者さんの中で一番辛いのは、前のブログにも書いたように「利き手がマヒ」して使えなくなることです。
 
 私は、利き手ではない左手がマヒしましたから、ある意味では楽だったかもしれません。

 一番大変なのは、食事の時に箸で食べる事でしょう。
 柔らかい豆腐を箸でつまむのは、微妙な力加減が必要です。

 リハビリとは本来なら、箸を使うような難しい・細かな動きの訓練を早期に始めるべきだと考えますが、そうではないようです。

 それは、「無理に箸を使う必要は無い」と考えるリハビリテーション医療関係者が多いからです。

 美味しく食べられれば箸ではなくて、フォークでもスプーンでも良いのではないか。
 食事は箸で食べなければならない、なんて法律も無い。
 自分に合った道具を見つけ出し、食事時間を愉しみましょう。
 それは決してみっとも無い事でも、恥ずかしい事でもないのです。
 脳梗塞や脳出血で手がマヒした患者さん達が、生活を楽しんで生きられる方が、ずっと大切だと思う。

 
 特に利き手がマヒした患者は、訓練で元に戻りたいのです。箸を使いたいのです。でも空腹には耐えられない。

 左手でもマヒの右手でもいい、スプーンでも何でも良いから食べようとするのです。

 この行為を見て、「無理に箸を使う必要は無い」と考えるリハビリテーション医療関係者がいるとしたら、マヒになった人の心をズタズタに切り裂いていることに気がつくべきです。

 そして、マヒした手を元のように使えるための訓練を行わせることです。

 利き手交換の訓練でマヒ手を見捨てるのはリハビリテーション医療ではありません

 発病から180日間、その患者さんにピッタリの指導を必死に行って、なお回復に見込みがなくても、退院後も努力を続けることで回復の可能性があることを教えるべきです。

 また、マヒ手でフォークやスプーンが使えるのなら箸も使えるようになることを知るべきです。


 自宅や施設だけで暮らすのならそれで良いかもしれません。

 社会復帰するためには、健常者に出来るだけ近づく方が良いのです。


 私達には生きた手があるのです。ただ動かせないだけなのです。

 この手を見捨てることは出来ないのです。

 訓練もしないでマヒ手を固めてしまった責任は医療側にあることを忘れ、健常者の立場で記事を書かないでほしい。


 愚痴はこのくらいにして、退院後も手にマヒのある方は、固まらないように動く方の手で動かしておられると思います。

 この時間をもう少し延ばして、「固まらないように」を→「動くように」、に変える努力をしていただきたいと思います。


 私は最初に『利き手ではない左手がマヒしましたから、ある意味では楽だったかもしれません。』と書きました。

 それは食事だけではなく、日常生活の殆どが右手だけの片手動作で可能だったからです。

 しかし、そのために、マヒ左手の訓練が疎かになる危険性があったのです。

 私だけではなく療法士にもです。

 現実に、退院後も左手マヒで使えない人も多数おられます。日常生活は右手の片手動作です。

 右手マヒの人は利き手交換で左手の片手動作で日常生活を送る人が多い。


 つまり左右どちらの手がマヒしても、両手を使えるようになる人は少ないと言うことです。

 リハビリテーション医療には、マヒ手を回復させるノーハウは無いのでしょうか。

 そんなことはありません。

 早期から、マヒ手を訓練したり訓練させれば、ある程度は動くようになるのです。あとは実際の生活で昔のように両手を使うようにさせるのです。

 それが回復期リハビリテーション病棟の存在意義なのです。

 病棟そのものが日常生活の場なのですから。

 退院後は、自宅や外の世界で両手使いを実践することで発病前に出来るだけ近づけるのが退院後のリハビリテーションです。

 だから、左手にご飯茶碗を持って箸で食事する練習も必要なのです。


 小さな子供は箸の使い方を教えて、何日で使えるようになりますか。

 何ヵ月で鉛筆を持って字が書けるようになりますか。

 細かい動作をマスターするには時間が掛かるのです。

 回復期リハビリテーション病棟では、杖が必要でも歩けるように、ある程度手が動くようになれば、退院後は実生活で腕を磨く指導を行うのが真のリハビリテーションではないでしょうか。















この記事へのコメント

ほととぎす
2010年03月24日 10:14
こんいちはマサおじさん
昨晩のテレ朝のビートたけしの「みんなの家庭の医学」に栗本慎一郎氏が出演してましたが、勇気をもらいました。私も退院後に作った自作クリミラーがあるのですが、効果が疑問で直ぐにお蔵入りになりましたが、引っ張り出して毎日根気よく使ってみようかな?
マサおじさん
2010年03月24日 11:26
ほととぎすさん

 私は使用したことはありませんが、効果はあると思います。
 どのような方法・方式でも続けないと効果はありません。

 私は両手を使い続けることでマヒが回復したので、このことを力説しています。

 私の手は彼よりも動いていると思っています。

 クリミラーも魔法の箱ではありません。
 動くようになると信じて一定期間試すことです。
はな
2017年08月12日 18:26
まさに!ダンナが倒れ回復期リハビリで3ヶ月経過しました 相変わらず麻痺してない左手でスプーンで食べていて麻痺した右手はダラーンと下げたままなので
せめて茶碗に添えたらどうかと言うと
無理なんだよ!とキレて右手は下げたまま
スプーンのまま
せめて左手で箸使う訓練しろよ!と言っても無理なんだよの一点張り

無理なんだよって思わせてる病院にずっと疑問感じてました

これでいいのか?とググったらこの記事にたどり着きました
この病院だめですよね
転院させる決心がつきました
ありがとうございます
マサおじさんの他の記事も読ませていただきますね!
参考にしまーす
マサおじさん
2017年08月13日 07:28
はなさん
麻痺手を訓練させる病院があれば転院は良い事です。でも第一は本人が訓練しようとする意欲が必要です。何れにしても、麻痺手を訓練するようになられることを願っています。